Profile 


真喜屋 宏音(まきや ひろ)本名:渡井


幼少よりクラシックピアノ、また十代にスタジオ・ワーク、ピアノ・キーボードを、また音楽理論、オーケストレーションを学ぶ。二十代初めまでピアニストとして活動していたが、難病フォーカルディストニアに罹り、以降作編曲をその主たる活動に変更し、今までフリーランスの作曲家・オーケストレーターとして、GONZO、エンターブレイン、Fields、内閣府『地球温暖化キャンペーン』、日本ハム、ショップジャパンなど数多くのTV CM、CF、Web 、映画での音楽制作、『バイオハザード0』などゲーム音楽、多様なイヴェントなどに楽曲を提供。クラシカルなスタイルからポップ、ソウル、ジャズにいたるまで、ジャンル・編成共に幅広く制作しているが、メインは作曲家、オーケストレーターとしてシンフォニック・サウンドの制作。過去においてはJ-POP系アーティストのストリングスアレンジなども行ってきたが、近年ではほとんどその活動の中心をさまざまなライヴ、レコーディングでのオーケストレーションにおく。「全日本フィギュアスケート選手権」に続いて行われたエキシビション「夢の競演 ALL JAPAN メダリスト・オン・アイス」(フジテレビ放映)では、浅田真央選手などのスコア・アレンジほか、広上淳一指揮、豊嶋泰嗣コンサートマスターによる京都市交響楽団に加え、都内で活躍する精鋭プレイヤーたちによるオーケストラのための、オープニングの曲をはじめとする数々の曲でのオーケストレーションを担当。2012年、ブルノフィル/チェコフィルメンバー達よりなるチェコ弦楽五重奏団、2013年、チェコ国立の弦楽五重奏団として発足し、チェコを代表する弦楽奏者からなるプラハ・スピリット・クインテットのジャパンツアー楽曲アレンジ・自作曲の発表等、積極的な活動を行っている。2014文化都市横浜オープニングコンサートでのアレンジ。2014年7月にはオペラシティにて、プラハ交響楽団、チェコフィルメンバーたちからなる、パルナス・クインテットとコンサートを行う。10月、塩入俊哉氏の作品のオーケストレーションを担当、満員のオペラシティタケミツ・ホールで好評を博す。多彩なジャンルや編成による音楽制作も精力的に行う。2014年にはドイツ、またチェコに赴き、プラハ交響楽団のマネージャー・総責任者であるマーティン・ルドフスキー氏と親交を深めるなど、チェコほかヨーロッパにおいて、今後の活躍の幅を広げつつある。 2015年、11月プラハ・スピリット・クインテットのツアーの楽曲・アレンジ作品の提供。2016年、6月マルティヌー弦楽四重奏団ツアーのアレンジ担当。2017年、夏プラハで行われたマルティヌー四重奏団によるマスタークラスでのコンサートでオリジナル曲・アレンジ作品が演奏された。また、秋にもヨーロッパでのコンサートで取り上げている。2017年秋に行われた、国立チェコフィルハーモニー管弦楽団のレジデンス・カルテットである、ベネヴィッツ弦楽四重奏団の一連のコンサートでも、作品の提供とアレンジ全般を担当。2018年4月、チェコフィルメンバーから成るアポロン・カルテット、チェコフィル現役奏者たちとのコラボレーションを成功理のうちに無事終了。また、横浜開港祭ファイナルイベントである『ビーム・アンド・スペクタクル・イン・ハーバー』オーケストラ音楽制作、作編曲を担当。近年もチェコフィルメンバーのコンサートへの楽曲提供など、オーケストラサウンドを軸としつつも、ジャンルを問わない精力的な活動を行なっている。中村聡介氏とともに新音楽舞踊劇団『Lead wiz-art』の代表も務める。

HIRO McKIYA /  Composer

He had been working as a pianist but he suffered from Focal Dystonia in his early twenties, then mainly came to compose, arrange and orchestrate for lots of concerts, and TV programs (including the arrangements and orchestrations in 2007, 2008, 2013, 2014, 2016, 2017, 2018, 2019, All Japan Medalist On Ice: Figure Skating & live concert program such as the arrangements for the orchestra conducted by Junichi Hirokami who is a professor of Tokyo College of Music, concertmaster: Yasushi Toyoshima who is a concertmaster of Saito Kinen Orchestra, etc.). He composes and arranges for Czech Strings Quintet Concert in Japan, 2012, Parnas Quintet in 2014, Prague Spirit Quintet Concert tour in 2013, 2015, and Martinu String Quartet tour in 2016. He composes a piece for piano and orchestra for a theme park – FUJI Television Wangan studio in TOKYO, Odaiba. He arranges the strings sections’ scores for the recording and the live performance of the Japanese famous pianist and producer, Toshiya Shioiri ( In the concert, the violinist Ikuko Kawai plays the solo part. Its live concert performance in STB Tokyo is broadcast on satellite- TV). Furthermore, he composes the recital concert with a solo piano for the collection of poems written by Japanese very famous actress, Kazuko Yoshiyuki. He arranges for lots of recordings, TV CM, PV, CF, etc, (including the compositions of orchestral pieces for Panasonic CM in the Athens Olympics 2004 opening ceremony and the Cinema CM for the prime minister’s office.). There are some recordings (BMG Victor), and compositions in the game music (Capcom / Biohazard 0, etc.). He used to compose new original ballet works only for the concise term.  He has ever arranged songs and composed for the collaboration concerts with Martinu String Quartet, Bennewitz String Quartet in 2017, and Apollon Quartet in 2018. Martinu String Quartet performed his works in their Jindrichuv Hradec, Chamber music course 2017. He arranged the piece for the Japan Figure Skates Championship in 2019, including Shoma Uno’s exhibition piece. He has composed and arranged all the pieces for YOKOHAMA OPENING PORT FESTIVAL “BEAM SPECTACLE IN HARBOUR ” since 2018, which Coca-Cola Japan presents.
He loves poems_!

Received a passing grade in Harvard Univ., American Literature, Poetry in America Course(Certificate of Achievement Verified by Powell M. Cabot Professor of American Literature, Harvard University, Elisa New)